ロードバイクの選び方!フレーム、トレック、コルナゴ、キャノンデール

ロードバイクの選び方!フレーム、トレック、コルナゴ、キャノンデール

これからロードバイクに乗ろうと思っている方に、選び方や有名メーカーなどの解説をします。

ロードバイクの価格は?

安いもので10万円前後から。プロのロードレース選手が使っているものは100万円以上は当たり前。10万円前後ですとアルミフレームが多く、カーボンフレームになると20万円くらいからです。自分の用途を考えてから購入しましょう。

どのような用途で乗るの?

?サイクリング・・・10万円前後のロードバイクでも十分に満足できる乗り心地です。
?中・長距離・・・50〜100kmあたりの距離を走るならコンポーネントにこだわりを持ったほうが良いでしょう。
※コンポーネントとは、変速機、ブレーキ、レバー他の総称で、一般にはコンポと呼ばれています。
?イベントレース・・・カーボンフレームが主流で、軽いフレームを選ぶことが基本。

ロードバイク フレームについて

?クロモリ(クロムモリブデン鋼)⇒衝撃を吸収し、乗り心地が柔らかい・・・が、重量がかさむのがデメリット。
?アルミ⇒クロモリよりも軽量。錆びないのが良い。衝撃を吸収しづらい。
?カーボン⇒現在では最高峰の素材かも。金属ではないので重量が劇的に軽い。値段が高いのがデメリット。一般向けではない。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ロードバイク トレック

公式ページ(https://www.trekbikes.com)

 

初心者に優しいメーカーと言われているトレック。車種が豊富なので、値段も安いものから高いものまでピンキリ。カラーやサイズなどもかなり多いのが人気。また、日本での販売店舗数が多いので、修理したりするのも意外と便利。

ロードバイク コルナゴ

公式ページ(http://www.colnago.co.jp/)

 

ロードバイク=コルナゴと言っても過言ではないほどの老舗。名前を聞くだけで「ちょっと高級」というイメージがあります。初心者向けだとだいたい15万円前後から人気のアルミフレームのものが購入できるのが良い。

ロードバイク キャノンデール(cannondale)

公式ページ(http://www.cannondale.com/)

 

元々アルミのロードバイクを作るのが得意なキャノンデール。変なカーボンフレームより評価が高いとも・・・。最近ではコスパも下がってきており、少し手に入れやすくなってきています。一番人気のCAAD12の105仕様は完成車で21万円と良い。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

| tag_insert_inner(h4,span) %>
page top