2017年 サッカー海外の反応は?

2017年 サッカー海外の反応は?

サッカーのレベルは着実に上っていますが海外の反応はどうなのでしょう。高校、日本代表、韓国は?

日本代表海外の反応は?

今でこそ日本のサッカー界は世界からも注目をされるようになり、例えば、有名なところで言えば、FCバルセロナの下部組織で育った久保建英選手やピピことレアルマドリード中井卓大選手など幼少期から海外のトップクラブで育ち、ティーンにして原石として、日本人サッカー選手も海外サッカークラブからも注目されるような時代になりました。

 

しかし、現在のインテルの長友選手やACミランの本田選手などが当たり前のように海外のサッカートップリーグでプレーすることができるのも、50歳キングカズことFC横浜の三浦知良選手が日本サッカー界を切り開いてくれたことは否めません。

 

キングカズこと三浦知良選手が中学卒業で単身ブラジルに渡り、サンパウロと契約してプレーしたときは感動ものです。さらにカズ選手は、当時のサッカートップリーグであるイタリアのセリエAのジェノバと契約し、いろいろな批判の中で結果を残してくれたことによって、日本のサッカー選手への海外からの注目度が高まるきっかけとなりました。

 

しかし、実は、あまりメディアが報道してくれないこととしましては、今や解説者として「単なるオジサン」に見られているセルジオ越後氏が日本サッカー界に与えた影響は大きいようにも感じます。

 

セルジオ越後氏のブラジルサッカーリーグのプレーの動画がなかなかないのですが、超絶プレーばかりです。

 

その証しとして、元ブラジル代表のロナウジーニョの代名詞とされているエラシコは、セルジオ越後氏が考案した技ですからね。日本サッカー選手の海外での反応や価値は、まだ伸びしろがあるように感じます。

 

恐らく、今後の日本サッカー選手の市場も拡大されていくことでしょうし、海外のサッカーリーグでプレーすることにより、日本サッカー界が海外に与える影響も大きくなるでしょうし、日本サッカー界の底上げに繋がることにもなりますからね。

 

ちなみに日本女子サッカー界のレジェンド澤穂希選手がバロンドールをとりましたが、あまりメディアは取り上げませんが、相当凄いことなんですよ。

 

スポンサードリンク

 

 

高校サッカー 海外の反応

今年の岡山大会の決勝ゴールの反応は海外のサッカー選手たちの絶賛の声があったが現在外国にいる同年代の海外の選手たちと比べるとどうなのでしょうか?

 

日本のサッカーと言えば、高校サッカーが有名ですが、実は高校サッカーよりもプロサッカーチームのユースやジュニアユースの方が実はレベルが圧倒的に高い。

 

なぜならば、ユース組はプロを目指しているので、高校サッカーにして、すでにプロ並みの汚いサッカーも習得しているからです。

 

実際に高校サッカー優勝チームとそこらにある日本のプロサッカーチームのユースが戦ったら圧倒的にユースチームが勝つことが多々あります。海外の反応も高校サッカーが上々です。

 

 

韓国サッカー 海外の反応

さらには日本のライバル国韓国にも目を向けなければなりません。

 

昔は、韓国サッカーにはなかなか歯が立たなかった日本サッカーですが、ようやく韓国サッカーとも互角に戦えるようになり、むしろ韓国サッカーよりも上のレベルに行くこともできるようになりました。良い意味で、日本サッカー界にとりまして、韓国サッカー界の影響も大きいです。海外の反応としてはまだ若干韓国の方が良いと思います。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています。

| tag_insert_inner(h4,span) %>
page top